Concert Etude op.2

制服系ちゅーば吹きbeardのブログ

帰還、あるいはベルギー展とアルチンボルド展について

えー、職場的な事情により2か月半の教育期間を埼玉は熊谷市にて過ごしてきましたが、この度無事に浜松に戻ってまいりました。

いろいろと大変なこともありましたがとりあえず無事に帰ってこれたのでよしとしよう。

その期間、ほとんど軟禁状態だったので(笑)、正直ブログに書けるようなことといえば渋谷と上野をハシゴしてベルギー奇想の系譜展とアルチンボルド展を見てきたことぐらいでしょうか。

一日、というか半日で回ったのでかなり駆け足ではありましたが、まあ見るのが辛いほどの混雑でもなかったので楽しんで見られました。

 

f:id:beard0515:20171003155141p:plain

 

ベルギー展は、先日都立美術館のバベル展でボスやブリューゲルを見て、兵庫県美でこの展覧会をやっているのを知り行きたいなあと思っていたのでした。夏に関西に帰った時には終わっていて残念だなあ、と思っていたらブンカムラにも回るらしい、とのことでチャンスを得ました。期待していたマグリットは思ったより点数が少なかったですが、何点か見ることができて嬉しかったです。

また、ルーベンスの作品にもこのような風刺画があるということも個人的には驚きでした。権力者や宗教的な題材のイメージしかなかったのですが、それだけではなかったのですねえ。

ヤン・ファーブルをはじめとした現代彫刻もすごく面白くて、(ヤン・ファーブルは金沢の21C美関係で存在は知っていたけれども)これだけをまとめた展覧会なんかを中之島の国立国際なんかでやったらぜひ見に行きたいなあ、なんて思ったのでした。

 

f:id:beard0515:20171003155127j:plain

アルチンボルドは鳴門の大塚国際美術館でレプリカを見て知り、その後ウィーンの美術史博物館で実物も数点見たことがありました。なんて面白い作風の人なんだろうと思ってはいたのですが、なにせウィーンでの自由行動がタイトでむちゃくちゃ駆け足だったので、落ち着いて鑑賞することができず残念に思っていました。

そして、国立西洋美術館そのものも、奈良博時代に東博に研修で1週間くらい勤務していた時からずっと訪れたかったのですがチャンスがなく初の訪問。この度ル・コルビジェ設計の建物そのものが世界遺産となったこともあり、とてもいいタイミングで訪れることができました。

 

アルチンボルド展については、同時代の画家の作品も説明なく置かれていたりして、解説をよく確認しておかないと見方を迷うようなところもありましたが、それにしてもよくこれだけ本人の作品を集めてきたな、というのが正直な感想です。

まんま現代アートとしても通用しそうな作風もあったりして、生きた時代を考えると本当に先進的な画家だったのだなあ、と深く感じ入りました。

 

ついでと言ってはなんですが常設展も覗くことができました。

ロダンの彫刻作品の数々はいうに及ばず、印象派の超有名画家やキュビズムの巨匠、アクションペインティングのあの人の作品などなど贅沢な常設展をおまけ感覚で見てしまうのはちょっともったいなかったかな。

そんな中でもハンマースホイの作品にびびっと来たり、いい出会いもありました。もうちょっと余裕のある時にあらためてゆっくり鑑賞したいところです。

 

浜松にいるとこういう美術鑑賞はなかなかチャンスがありませんが、今後も関東や関西に行く用事のあるときにこうやって回ることができればいいなあ。

ひまわり@浜名湖ガーデンパーク

書けるうちに書いておこうというたくらみ。

というわけで表題の通り浜名湖ガーデンパークに行ってきました。

IMGP6940-1

 

公式ページは以下。

www.hamanako-gardenpark.jp

 

もともとはパシフィックフローラ2004というイベント(通称・浜名湖花博)のために整備され、その設備を公園として残した施設です。入場は無料、駐車場も無料という庶民にはありがたい場所。

浜松にはフラワーパークという施設もあり(しかも両者はわりと近い(笑))、こちらは2度ほど行ったことがありましたが、ガーデンパークは初でした。

 

季節も8月上旬ということで、ヒマワリがとっても綺麗でした。

IMGP6958-1

いい天気にも恵まれ、絶好の撮影日和、、、、なのですが、、とにかく暑い(笑)。

 

園内にある水遊び場で家族連れがはしゃぐのを羨望の目で眺めつつ、妻と二人、汗だらだらで巡りました。

IMGP6971-1

花博の際、国際庭園という、言ってみれば国別テーマ展示みたいなことをしたそうで、各国の建築様式を模した門扉などが建っており、そちらも興味深く拝見しました。

こちらは中国、建築にあたって瓦を取り寄せたら職人までついてきて、ほとんど現地の職人さんが作業してくれたというシロモノだそう。たしかによくできています。

IMGP6974-1

しかし暑い!!!!こちらの石像も心なしか夏バテ気味?(笑)

 

IMGP6980-1

IMGP6997-1  

とまあ半分ほど巡ったところで、ギブアップ。アイスクリームを食べて、園内を往復する遊覧船に乗って入り口まで戻ることに。

IMGP7012-1

船長さんが見どころを解説しながら運んでくれます。なるほどなるほど、また秋にでも見に来ます(笑)。

IMGP7003-1

広大な敷地の水場やたくさんの植物があれば昆虫も集まります。調べたところこれはチョウトンボという種類だそう。瑠璃色の羽が綺麗です。ほかにも都会ではめったに見られないギンヤンマなども飛び交っていました。

IMGP6984-1

施設そのものはよく整備されており、良かったのでもう少し過ごしやすい時期にまた来たいと思います。とりあえず目的であったヒマワリが撮れたので良かったです。

 

 

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF35/PA+++ ポンプ 140g

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF35/PA+++ ポンプ 140g

 
花の種 ヒマワリ Moonshine GLGI329/9

花の種 ヒマワリ Moonshine GLGI329/9

 

 

 

 

ホローポ

一月ほど前になりますが、浜松市楽器博物館にてとあるコンサートを見てきました。

f:id:beard0515:20170805165143j:plain

演奏はコロンビアの音楽グループ、シマロンという団体です。ホローポとは音楽ジャンルの名前で、弦楽器中心の民族音楽です。3拍子系の細かいリズムと、マラカスやタップダンスによるビート感が特徴的でした。

 

こういうのは言葉よりも、動画を見ていただく方がすぐわかりますよね。

youtu.be

こんな感じ。この動画はまさに今回聞いたシマロンのプロモーション動画のようです。

 

今回の演奏会は、楽器博物館ということで東大の先生による通訳&レクチャー付きアンプラグドによるもの。会場は楽器博物館の地下1階展示室なので、少し音が小さく感じはしましたが、内容には大満足。博物館のアカデミックな客層ですら最終的には大盛り上がりの内容でした。

とりあえずマラカスすげえ。

関西から浜松に移り住むと、なかなか演奏会に行く機会がないなあと思ってしまいますが、こういう出会いがあるのはうれしいですね。

あまりの内容の良さに、CDも買ってしまいました…(笑)

 

オリノコ Orinoco

オリノコ Orinoco

 

 やはり会場で聞くような熱狂はないですが、様々な音楽のエッセンスを取り入れ洗練されたワールドミュージックとして、幅広い方に楽しんでいただける音楽です。興味のある方は是非。

 

 

ちなみに諸事情により数か月の間ブログの更新が滞ると思います。またそのうち書きますのであしからず。

Mac Typeを使っている人はもうやめた方が無難かもしれない

一か月ぶりのブログでPCネタ。

まあ私のブログなんて定期的にチェックされるような内容でもないので、好きに書いております。

 

最近PCの調子がまた悪いなーと思っておりました。

まずCDのライティングソフトが落ちてしまう不具合。

僕はCyberLinkのPower2Go(バージョンは10、製品版)を使用していたのですが、タスクウィンドウから機能を選択すると落ちる。

エラー表示は「動作を停止しました」というようなもの。win10がビルド1703にアップデートしてからのことだったので、てっきり互換性の問題かと思っていました。公式から出ている動作環境チェッカーみたいなツールも、「×互換性」みたいな表示しかしないので、「これはお布施を払えということか…」と思っていたのです。

 

しかしライティングソフト以外の不具合にも気づきました。ごみ箱が空にできない、という不具合です。削除しようとしたら一瞬画面がブラックアウトし、デスクトップが再描画されてごみ箱を表示していたエクスプローラは強制終了。

最初は、数十GBのファイルだったのでサイズが大きすぎてエラー起こしてんのかな、と思いコマンドプロンプト経由で削除していたんです。ちなみに下記URL参照しました。ありがとうございます。

bookterabyte.hateblo.jp

 

しかしそのほかのクズファイルだけでも削除できないことに気づきます。

さらに、デスクトップ上のフォルダの名前を変更しようとしても「一瞬画面がブラックアウトし、デスクトップが再描画されて強制終了」がおこりました。こりゃ深刻じゃわい。

 

さて、ライティングソフトのPower2Goですが、互換モードで開けばいけんじゃね、と思い立ちました。そこでプロパティから互換性タブをクリックすると

「com surrogate は動作を停止しました」

のエラー表示とともにプロパティが落ちる。

今までのエラーは、動作を停止しましただのエラー表示がそもそもなかったりだの、原因にたどり着くような内容があまり含まれていなかったので困っていましたが、これは何か原因解明の糸口になりそうです。

んでググる

そうすると

「COM Surrogate は動作を停止しました」の解消方法 - ぼくんちのTV 別館

こちらにてとある文字を発見。ちょっとだけ転載します。

主なエラーの原因

  • MacType など、フォントを変更するツールを入れている
  • エクスプローラーのカスタマイズツールを入れている
  • サムネイル表示ツールを入れている
  • 古い動画コーデックと新しい動画コーデックを 入れ、両方を有効にしている、さらにその状態でコーデックパックも利用している、もしくは別のスプリッタを利用している。

以上転載。

ん?

M a c T y p e だ と ! ?

もうピンときましたわ。

Mac Type が何かというところは下記を参照。すこし古い記事ですが。

www.sys-cube.co.jp

っていうかMac Type導入していなければこの記事たぶん読んでないからいらなかったかな(笑)

 

 

concertetude.hatenablog.com

これはこのブログの過去記事ですが、この時もAvastとMacTypeに相当煮え湯を飲まされた経験があるわけです。

これはぜったいコイツだ、と思いとりあえずMacType Trayを開く。そうするとアップデートがあるという。おーこれで解決かな、と思ったらアップデート中にアンチウイルスからマルウェアの報告。win32:malware-genとのこと、調べたら誤検知の可能性もありそうですが、Mac Typeは中華製だしあんま信用できない。

そしてとりあえず一部を除いてアップデート完了、みたいになりましたが不具合は解決せず。

 

腹立ったのでアンインストールしてやりました。

 

そうするとあらまあ不思議、全部の不具合が解決しました。

 

ライティングソフトまで動くようになったんですよ(笑)

フォント変更ソフトを消しただけで!

 

もっともシステムフォントを変更するというのはすべてのソフトの動作にかかわることなので、不思議ではないのです。ここまで深刻な不具合を二回経験し、マルウェアまで仕込まれているとなると使用を諦めざるを得ないでしょう。

しかしアンインストールした後の標準フォント游ゴシックの貧弱なこと、、、

まあもういいよ。見た目じゃないの。動かないと意味ないっすからね(笑)

 

というわけでbeardはMac Typeを使うのをやめました。もしwin10で使っている方(というか検索でこの記事に来ている人は使っている可能性高いですよね)はもう諦めた方がいいかもしれませんよ。標準でシステムフォントを若干見やすくする方法もあります。

www.japan-secure.com

なお上記ブログで紹介されている「Windows10 フォントが汚いので一発変更!」については今回の失敗に懲りて導入していません。また不具合出たらいやだし。フリーソフトはwin10になって互換性の問題が出ることが多くなったので。

なんにせよフリーソフトにシステムいじくらせるのは危険があることは認識しなきゃな、と感じた今日この頃でした。

新レンズ(シグマ17-70)と蛍@はままつフラワーパーク

昨年9月末にも訪れたはままつフラワーパーク。ちょうどヒガンバナの季節で、とっても綺麗でした。しかしその時はもう秋の始まりということもあり、咲いている花の種類はそう多くはありませんでした。

花といえばやはり春~初夏、桜やチューリップも綺麗だそうなのですが機会がなく訪れられなかったので、バラが終わる前に!と思い立ち急遽(強行スケジュールでしたが)妻と行ってきたのでした。

IMGP6648-1

バラ園はとてもたくさんの品種のバラが咲き誇り、大変綺麗でした。この日は天気もよく、17時半を回っていましたがまだまだ明るかったです。

IMGP6642-1

そうそう、実は新しいレンズを導入しました。

 

www.sigma-global.com

初めてのサードパーティレンズ。シグマの簡易マクロ標準レンズです。

本当は純正のDA16-85が欲しかったのですが、値段と解放F値に負けてシグマに手を出してしまいました。

やはり解放が明るいとファインダーを覗いた時の気持ちが全然違うんですよね。

写りの方も、今までのキットレンズ(DA18-50)と比べるとずいぶんあか抜けたものになりました。

 

IMGP6640-1

というわけでマクロもどきなんか試したりして。最大撮影倍率1:2.8のクウォーターマクロなのですがAPS-Cなので換算1:4.3、ほぼハーフマクロです。テレ端のワーキングディスタンスは5.52cmだそうで(公式情報)、フードが当たりそうな距離まで近づけます。

 

IMGP6643-1

広角端解放F2.8の明るさ、使いやすいズーム域で、キットより写りもはるかに向上し、寄れる。

こんなレンズが3万円台前半で買えるのですからありがたい。クイックシフトフォーカス(フルタイムマニュアル)無しとか、防滴無しとか、文句をつければいろいろあります。F2.8が使える焦点距離がじつはとても限られていたりすることもちょっと気になりますが、10倍くらいするような大三元レンズを買うことを考えればお買い得な代物と言えるでしょう。

 

IMGP6691

アジサイもちょうど咲き始めのころ、とてもみずみずしく綺麗でした。

花菖蒲はまだちょっと早かったけれど、それもまた見に来たいなあ。

 

IMGP6667-1

あえてゴーストを入れてみたり。

もうちょっと綺麗なゴーストがでたらよかったのにな(笑)

こういうフリンジやゴーストも表現に使えるようになりたい。

 

IMGP6652-1

バラは本当のところちょっとピークを過ぎていたようで、枯れた花も多々。

あえてどアンダーで狙ってみた。

 

さて、実はこのフラワーパーク、ホタルを育成しているのですが、この日はちょうどホタルが見られる日。それもあって強行軍で訪れたのですが、すっかり日も長くなり、19時を回ってもなかなか暗くなりません。

IMGP6724-1

月は出ましたがまだまだ明るさが残っています。

さらに待つこと約1時間、真っ暗になるとホタルが飛び始めました。

IMGP6749

いやー、いつぶりだろう、ホタルを見るの。もしかしたら20年以上見ていなかったかも。儚くて、美しくて、それを妻と見るというのはなかなか幸せな時間でした。

 

…しかし。写真の方は、大苦戦(笑)。

まずですな、夜の撮影に慣れた方にとっては当たり前のことなのでしょうが、フォーカスが全然わからん!AFだと補助光が出てしまうので(この暗さならどの道無理な気もしますが)ホタルを刺激しないようにMF。しかし、当然ファインダーを覗いても真っ暗。仕方ないのであてずっぽうで距離を合わせ、被写界深度を稼ぐべくF22くらいまで絞って長ーいシャッターを何度も切りました。

しかし蛍は当然私の都合などかまってくれないので、シャッターを切ったときに限ってこっちへ飛んできてくれなかったりするんですねえ。まだたくさん写ったのがこの2枚というわけです。

 

IMGP6753

星ともまた違う難しさもあり、思ったような写真は撮れずでしたが、まあ、とりあえず綺麗な思い出として心のシャッターは切ったので(笑)、今回はよしとしましょう。

e-flowerpark.com

ホタルのイベントは6月11日までです。浜松の方はぜひ。

 

 

 

B級グルメスタジアム@エコパスタジアム

えー、昨日は妻と袋井市静岡県小笠山総合運動公園エコパ、通称エコパスタジアムで開催されていたB級グルメスタジアムなるイベントを訪れました。

f:id:beard0515:20170515191945j:plain

B級グルメスタジアム|エコパ公式ウェブサイト(小笠山総合運動公園ECOPA)

 

IMGP6497

 

基本的に出不精な私たち夫婦、食フェス的なものは初体験。

 

IMGP6479

 

こんな混んでるとはつゆ知らず…(笑)

うかつに車で来てしまったため、近くまで来てから駐車場に停められるまで1時間近くかかりました。おかげでハラペコ、ある意味食フェスには最高のコンディションで会場に到着。

 

今回の私たちは、「安いものをシェアして種類を食べる」というスタンスで臨みました。なので高くて時間かかって腹の膨れるラーメンなどは完全スルー。

ちなみに今回の写真は35mm単焦点一本勝負、トリミング編集一切無しのオール撮って出しです。(ただ荷物減らしたかったのと編集がめんどry)

 

まずはこれ。

IMGP6480大鍋からすくったものなので見た目があまりきれいではないですが、これ、「たまごふわふわ」という郷土料理なんです(笑)

IMGP6483

ちょっと前に静岡ローカル番組「しょんないTV」で見て以来、一度食べたかったこの「たまごふわふわ」。お味の方は、出汁が効いていて、文字通りふわっふわの食感でなかなかおいしかったです。ぜひお店でも食べてみたいものです。

 

その他、ダイヤモンド富士という名の半熟卵入りコロッケなど。ある意味想像通りの味なのですが、想像通りウマイ(笑)。

IMGP6488

 

他にも桜風味の皮に包まれた餃子だの、地元高校生が焼いた青のり入りお好み焼き的なものだの、モツから揚げだの、あれこれ頂きました。あまりにいい陽気だったのでビールが飲みたかったものの、車で来ていたのでノンアルコールビールなんぞも嗜みつつ。

IMGP6549静岡らしく大道芸も来ていたり(楽しませていただきました)

IMGP6580

ピエロもいたり

IMGP6583謎の2.5次元売り子がいたり…(笑)

IMGP6496

五郎丸がいたり。これは芸人さんではなく普通にエコパに立ってる銅像です(笑)。

IMGP6577

5月とは思えぬ陽気のなか、鉄板系をしていた店の方はさぞかし暑かったことでしょう。でもこの笑顔、素敵でした。塩ハラミ焼きも美味かったですよ。

 

そんなこんなで結局2時間近く買い食いを堪能したわれら夫婦、なかなかいい休日を過ごせました。またこのテのイベントにも来てみたいと思いましたとさ。

 

 

日本全国B級グルメ最新ガイド

日本全国B級グルメ最新ガイド

 

 

今年の桜

最近とある事情によりブログがなかなか更新できずでした。

とりあえず、今年の桜を撮った写真の中で何枚かお気に入りを。

IMGP5811-1

 

IMGP5815-1

こちらは自宅からほど近い河川敷。夜桜の撮影にチャレンジしてみました。

 

IMGP5835-1

続いてこちらは昼間。浜松市内某所です。なんの変哲もない写真ですがなんとなく好きだったり。

IMGP5844-1

近くの花壇がかわいかったのでつい(笑)

 

花は季節感のある写真になるのでいいですね。5月もバラなど撮るタイミングがあればいいな。