読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Concert Etude op.2

制服系ちゅーば吹きbeardのブログ

Windows 10 Anniversary Update(ビルド1607)の不具合対処まとめ

PC

win10でアップデートに失敗し続ける不具合が結構発生しているようです。

私もがっつり引っかかっていて、長い間無視していたのですが、頻繁に更新画面で2時間近く待たされるため、この度重い腰をあげて対処してみました。

なんとか解決できたものの、ほぼ丸2日を要する大事業となってしまいました。

 

もし同じ症状で対処法を探してこの記事にたどり着いた方のために先に結論を書くと、最終的に私が解決した方法は

アンチウイルスのアンインストール

MacTypeのサービス停止

・メディアクリエイションツールで更新を手動ダウンロード

でした。

MacTypeってなんぞや、という人は気にしないで大丈夫。フォントを綺麗に表示してくれる中華製ソフトなのですが、どうやらこれの旧バージョンがwin10ビルド1607を停止させてしまう致命的な不具合を持っているようでした。

その証拠にアップデート成功後にサービスを再開させたらブラックスクリーンでフリーズしました。再起動しても改善しないので、BIOS経由でセーフモードを立ち上げ停止したらまた立ち上がりました。

ただ、MacTypeの停止とアンチウイルスの一時停止だけではアップデートは成功しませんでした。私は安いのでAvastを使っているのですが、アンインストールしたらアップデートに成功。こちらはその後再インストールしても、特に不具合はありませんでした。

・追記・

挙動監視シールドが不具合を起こしました。詳細は記事後半。

 

以下、参考URLなど交えつつ詳細です。

・下調べ

answers.microsoft.com

まずは公式。こんなページが公式にできているということは、相当な数の失敗報告があったのだろう、、と推測されますね。グラフィック関係のドライバなど他の原因でエラーが出る人もいるようです。

とりあえず一通りこちらの対処はしてみます。しかし私の場合は解決せず。

 

・メディアクリエーションツール

こちらのページを参考にメディアクリエーションツールを使用。

ちなみにUSBなどの外部機器へのインストールメディア作成はせず、ファイルとアプリケーションは引き継ぐオプションを選んでいます。

doyagao.staba.jp

ダウンロード元URLはこちら。

 

Windows 10 のダウンロード

 

 

しかしやっぱりダメでした。

f:id:beard0515:20170219180747j:plain

こんな感じのエラー画面になりました。

エラー番号0xC1900101-0x4000Dで調べるもののいまいち有益な情報に出会えず。

 

・もしかしてMacTypeが原因じゃね

しかし、上記ページにも書いてあるとおりMacTypeがエラーを引き起こしてる可能性に行き当たります。

 

www.yak-and-duck.com

 

そこで

f:id:beard0515:20170219180911j:plain

こちらからサービスを選択、MacTypeサービスを停止。

f:id:beard0515:20170219181053j:plain

プロパティからスタートアップの種類を無効にするのも忘れずに。

 

再度アップデートを試みるも失敗。

なんでや!

 

アンチウイルスをアンインストール

ここまできたら試せることは全部試す。

マウスとキーボードを除くUSB機器を全部外して、Avastもアンインストールしてやりました。

そうするとなんということでしょう、Windows Updateが更新のダウンロードに失敗するという違うエラーが。なんでやねん、、、、、

 

メディアクリエーションツール経由でようやく成功

しかしへこたれずにメディアクリエーションツール経由でインストールを試みます。

ファイルとアプリケーションは引き継ぐを選択するも、これで無理なら外部メディア経由のブート、クリーンインストールしかないかな、と思っていましたが、無事成功!

 

MacType最新版に更新

その後、Avastを再インストールし、MacTypeサービスを有効化したところ即死亡。

ぬお、、、、

下記URLなんかを参考にしつつ、そもそもログインすらできないのでBIOS経由でセーフモードを立ち上げます。

 

Windows 10/8.1 のセーフモード起動方法、PC復旧方法 - ぼくんちのTV 別館

 

再びサービスを無効化して再起動、その後調べていると最新版はビルド1607に対応しているということが判明。

silight.hatenablog.jp

おっかなびっくり最新版を導入してみましたが不具合は発生せず。

ようやく今まで通り使えるようになりました。

 

そもそもなんでMacTypeをそこまでして使うかというと、去年win10にした際、SONARWAVESプラグインを使用するとパラメータの表示が小さすぎて読めないという謎現象が起こったのです。それを解決するため、システムのフォント表示をいじくるソフトとして出会ったのでした。

なので。今回さんざん悩まされましたが新バージョン出ててよかった。関係者のみなさんありがとう。

 

さて、この手の問題が発生すると私のような「使う専」の人間は対処に非常に困ります。どこでどのように不具合が生じているのか、ネットの情報が頼りというのが正直なところ。もし同じ現象が起こっている人がいたら、ぜひ貼ったURLを参考にしてみてください。

とりあえず貴重な休日かえせ。

 

 

・追記・

アップデート後、さまざまなアプリケーションが立ち上がらないエラーが出ました。

開いても、なんの音沙汰もない状態です。

タスクマネージャで監視したところ、一瞬立ち上がってすぐ強制終了されている模様。

ちょっと悩みましたが、プロパティの互換性タブから「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れたところ無事立ち上がるように。

他の人はこの症状出ていないのだろうか?

 

・さらに追記・2017.2.23

どうやらアプリケーションが立ち上がらなかったのはAvastのせいっぽい。

公式が出している削除ツール

アバスト アンインストールユーティリティ | アバスト削除ユーティリティ aswClear のダウンロード

でいったんアンインストールしました。

そうすると全部のファイルが普通に立ち上がるではありませんか。

んで、再インストールする際は挙動監視シールドをインストールせず、インストールされた後もプログラム実行時スキャンをオフにしたところ、ごく普通に使えるようになりましたとさ。

f:id:beard0515:20170223231451j:plain

一瞬ほかのアンチウイルスに移行しようかとも考えましたが、他のアンチウイルスも結局誤検知はあるみたいなので、当面ライセンスが残っているうちはAvast使っておこうと思います。

 

 

Avast Mobile Security & Antivirus

Avast Mobile Security & Antivirus