読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Concert Etude op.2

制服系ちゅーば吹きbeardのブログ

もう何度目になるのか…

この呟き、ほんっともう何度目になるのか。

つい先日も友人M・M氏に愚痴ったばかりなのに。

おい、音大生!
新世界は2楽章と4楽章しか知らないってなんや!
ベートーヴェンの田園くらい知っとけ!
ピーターと狼の作曲者がプロコフィエフってことくらい知っとけ!

音楽専攻生にとってこんなのマニアックでもなんでもない。
むしろ知らないのが恥ですよ。

(別に、モツレクのジェスマイヤー版はここがモーツァルト的じゃないとか、ベートーヴェンの5番のオーボエや9番のフルートがブライトコップとベーレンライターでメロディーが違うとか、ブルックナーのシンフォニーのノヴァーク版とハース版の違いとか、そんな話をしているわけではないし、グレインジャーがディーリアスに受けた影響とか、レスピーギが作品の中で用いた露骨な教会旋法がその後の映画音楽などに与えた影響だとか、ジョン・アダムズの年代による作風の変遷だとか、そんな話をしているわけでもない。スノッブ的発言なので小文字で。)

吹奏楽やっててホルスト組曲アルメニアダンスも朝鮮民謡も民話も知りませんって言ってるようなもんですよ。

もっと一般人に分かりやすく言えば、ロックバンドやってるのにビートルズもクイーンも聴いたこと無いですって言ってるようなもん。

あーあ。

自分の専門の楽器のレパートリーさえ知ってりゃいいのかねぇ。