読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Concert Etude op.2

制服系ちゅーば吹きbeardのブログ

好きな映画

今日は自分が見た中で、こいつは好きだったなぁという映画をいくつか挙げてみたいと思います。

まずジュラシック・パークです。言わずと知れたスピルバーグ監督作品です。
この映画を見たとき、こいつは映画の「映像革命」だ、と子供心に思ったものでした。
いまだにその輝きは僕の中で煌いていらっしゃるわけで。
(余談ですが個人的に映像革命の認定をした映画はジュラシック・パークマトリックスキングコングの三本です)
続編2本ロストワールドジュラシックパーク3)はぜんぜん好きではありませんが、この映画は何度見ても面白い。傑作だと思います。
あ、マイクル・クライトンのロスト・ワールド(原作)は非常に面白いです。ただし、アレをそのまま映画化するとヒューマンドラマになってしまうので…あの映画版創作ストーリーは苦肉の策でしょうか?
しかしその後のスピルバーグのアクション物のデキを考えると、やはりヒューマン物を撮るべきだった気も…??


次。「天使のくれた時間」。監督はラッシュアワーのブレット・ラトナー。主演はニコラス・ケイジティア・レオーニです。
さほどメジャーではないかも知れませんが、好きな映画です。ストーリーはありきたりなもので、仕事に明け暮れて生きてきた男が、結婚と地味な家庭生活を選んだ”If”の世界に迷い込み、家族の大切さを知る、というものです。
しかし、演出がとても素直で、ニコラス・ケイジの好演もともなってなんだか暖かい気持ちにさせてくれる作品なんですね。ケイジ好きです(笑)。
地味ですが、忘れられない佳作です。


お次、ジャッジ・ドレッド(笑)。ダニー・キャノン監督、主演…
そう、ヤツの名はッッッ!!!
シルヴェスタァァァァ・スタロォォォォン!!!!ゴゴゴゴゴゴ

えっと、名作を期待した方、おおハズレです。こいつはもう紛れもない「スタローン映画」です。アメコミ原作で、スタローンで、きめ台詞は「俺がルールだ!!」
…いや、まあ、面白いんです、ネタとして。
凄くアホらしくて、凄く痛快で、適当に金曜ロードショーで見るには最高の映画だと僕は思ってます。
馬鹿っぽいアクションとか好きな人、テレビでやってたら見てください。ビデオは借りない方が無難です(笑)。

またこのシリーズも続けていきますので〜。