読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Concert Etude op.2

制服系ちゅーば吹きbeardのブログ

本番がいっぱい

音楽
今日で五月も終わりですね。
明日から道路交通法も改正され、後部座席もシートベルト着用義務が出来るそうで…めんどくさいなぁ。

先日、アルディート・ブラス・アンサンブルの本番が終わったので一段落だ、みたいなことを書きましたが、結局そのあとも五月は二回本番がありました。

前日に言われて完全に初見で望んだ練習と次の日のゲネのみで本番だった金管五重奏(+ドラム)での仕事と、今日行って来た老人ホームの慰問です。(ちなみにアルディートの1週間前にはブラスバンドのエキストラの仕事もありました)


金五の方は、大学の先輩の代役で、他のメンバーが実力のある方々だったので楽しかったです。ただ譜読みの時間がなく、びびりまくりながらの演奏でした。
小学校でやったのですが、お昼に給食を出してもらって頂きました。久しぶりに食べると美味しかったです。
楽器紹介で「ぞうさん」を吹いたら音を間違えて死にたくなりました…。


今日のは、ユーフォニウムテューバのデュオで、もう一人、ユーフォ専攻の女の子に歌を歌わせるという変なトリオでした。
プログラムは10曲で、いずれも文部省唱歌や昭和ポップス。編曲は全て僕がやりました。何曲かは既存のアレンジを移調しただけというのもありましたが(笑)

一週間で10曲のアレンジをするというのは初体験でしたが、授業もあるし練習もあるしレッスンもあるし体調は崩すしで、死ぬかと思いました…。

客層が、いわゆる「後期高齢者」だったので、予想以上に反応が悪く、ウケているのかウケていないのかが解りづらいという不思議な体験をしました(笑)。
ヘルパーさん曰く「皆さん喜んでいた」そうなのですが…。

今回の編曲はいろいろ使えそうなので、またどっかで使いたいと思います。
(勿論、著作権の関係上、無料の時しか使えないという難点はありますけど)


ああ、ちなみに先月の末にテューバカルテットもしました。
いわゆるバリチューではなく、テューバです。
テューバ2、Cテューバ2で、ジョン・スティーヴンスのマンハッタン・スィートをやったのです。
僕は一応セカンドだったのですが、ファーストの先輩と楽章ごとにキツいパートを分け合いながらやったので、やたらしんどかったです。
二楽章では、ほぼ五線の上しか出てこない上に、ハイGのオンパレード。…頑張りました。

少ない練習回数のわりには結構面白い演奏が出来た気がします。
あのメンバーはなかなかアツかった。またやりたいところです。

それと、同じ日に、なんと、あの、
フヌッグを吹きました(笑)
一応ノーカットです。
(一応補足。フヌッグというのは、無伴奏テューバのための、全編重音オンリー、特殊技法満載のやたらノリのいい曲です。)
ちゃんと最後まで大きなミスなくいけましたが、後で録音聞いたらやたら音程悪かったです…。
その後も時々練習してますので、「ホンマにやったんかいな?」とお思いの方は、お気軽にお尋ねください(笑)。


そんなこんなで本番がいっぱいでした。
六月は高校のOBステージくらいですが、月末には一週間アメリカへ行くので相変わらず落ち着く暇はなさそうです…。