読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Concert Etude op.2

制服系ちゅーば吹きbeardのブログ

占いとそのアンチテーゼ。

ほへと生年月日占い。右さんに倣ってやってみましたところ…。

1987年 5月 15日生まれのあなた

今年の誕生日は来ましたね、それから62日目です
生まれてこのかた7002日目です
今日は 良い事がありますように。

年齢19歳は めまぐるしい環境の変化や出会いが訪れます。運気が一気に上昇しますが、多くの人が戸惑います。自分の行動範囲を広めるようにして下さい。

・基本性格
不思議な性格の持ち主です。
やさしいけどナルシストでエゴイスト。
常識的な振る舞いの奥に幼児っぽいところがある
自我や本能が薄いため、陰が薄い。

・人間関係
人間関係どころか基本的にすべてが煩わしいところがある。
人に干渉したりはしませんが、困っている人は放っとけません。
本当の自分を出すのが苦手。
自分を引っ張ってくれる人を大切に。

・生活
低血圧、夜型の人が多い
生活が不規則になりやすい。
引きこもりぎみ、現実逃避に注意。

・金運
金銭感覚は無い。
金運は低くはないが。
貯金などは少ない物欲を絞り出して、今何が欲しいのか忘れないように。



ドッキーン。
うぅ、占いは気にしない人間ですが…とっても図星…

しかしッ!!信じないッ!!と決めて考えてみます。
すると…

19歳、というのは凄まじい高確率で環境の変わる歳でしょう?大学進学、就職、いずれにしろ環境は大きく変化しますから、これは僕に限った話ではない。

「やさしいけどナルシストでエゴイスト」
という部分。やさしいけど、という部分でガードを甘くさせ、次にナルシストでエゴイスト、とフックを叩き込む感じですね。
つまり、やさしいといわれて気は悪くしない。
ナルシズムというのは誰の心にも潜むものだし、エゴイズムなんて言わずもがな。というか、人間はエゴを失った時点で活力も失うのですよ。

ここでさらに仕掛けに気づく。ナルシスト、と言っているのに引きこもりがち、という後付がある。つまり、自分に自信のある外交的なタイプも、そうでない内向的なタイプも少しは「そうかも」と思わせる巧妙なテクニックですね。

影が薄い、とかもそうで、大半の人間が心のどこかに抱く、「もしかして自分は嫌われているんじゃないか」という不安を刺激する文句ですよね。ここまでの文章に「当たってる」と思う回数が多ければ多いほどそこでドキッとするわけです。

人間関係が煩わしい、と一度も感じたことのない人間はとても前向きで素晴らしい方ですよね。ちょっとイヤなことがあって、しかも疲れていたら「めんどくさい」と思ってしまったこと、一度ぐらいは誰にもあるものではないでしょうか。
本当の自分を出すのが苦手というのも、思春期には当たり前の話です。

低血圧、夜型、などはあたればドッキーン、ですが、よく見てみましょう、「が多い」という念押し。外れた場合、「が多い」が保険となっているわけです。
しかも、現代の19歳は、かなりの人間が夜遅くまで動かざるを得ない環境にある場合が多いでしょう。ですから、少なくとも朝型よりは夜型の方が当たる確立は高いのではないでしょうか。

金銭感覚にしても、この歳で一家の財布を握る人間は少ないでしょうから、有る、よりは無い、の方があたるわけです。


占いと言うのは少しでも多くの人間が「あ、そうかも」と思えばそれでいいわけです。ですから、そういう文章テクニックでいくらでも信じ込ませることができるんですね。

健全な方向へ啓発させる内容ならいいですが、そうでないものは気をつけましょう、って話でした。

でもやっぱ当たってるよな、この占い(爆)